リフォームローンの審査に落ちたときの対処法

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さいリフォームになります。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけに固執するのはNGということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団体信用生命保険の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

アプラスの金利ですが、7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

参照:http://www.freedomisavoice.com/faq/sinsa.html

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除というものがあります。

申告をすることで、その年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件付きになっています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

追加融資が難しい金融機関では、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますので安心して利用することができます。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は業者によって様々です。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。